生涯着け続けるために・・・
「クリスチャンバウアー」

これからの人生を歩むふたりにとって、結婚指輪は固い絆を結ぶお互いの分身のような存在。だからこそ指への負担を軽減させる着け心地。何十年もの間着け続けられる耐久性、飽きのこない普遍的なデザイン。
「生涯着け続けるために…」これこそが、クリスチャンバウアーの結婚指輪なのです。
 

クリスチャンバウアーの伝統の継承

クリスチャンバウアーは1880年のドイツ南西部ヴェルツハイムにて創業。人口11,000人の小さな街には「バウアー通り」も存在する地元に根付くブランド。現在はオフィスと工場が一体化した建物で「シャンパンエア」と称される程澄んだ空気の中、みなさまの大切な指輪を作り続けています。
 
 

マイスターと最先端技術のコラボレーション

クリスチャンバウアー独自の鍛造製法は自社合金することで、金属疲労や変色が生じにくい上質な素材となります。精巧なハンドクラフトに最先端の技術を組み合わせることで、世界でも比類ないほどのハイクオリティな指輪が完成します。
 

長い年月を重ねても
色あせないデザインの秘密

300種類以上もデザイン数がある「クリスチャンバウアー」のシンプルなフォルムは、単に装飾を省いたというデザインではなく、考え抜かれた機能美がかくされています。それは、“流行よりも一生愛せるものを”という深いポリシーの現れであり、デザインごとに厚みや断面形状を変えて指への負担を減らすという心地よいフィット感も永く愛せる工夫です。
 
Christine Huber
デザイナー クリスティン・フーバー
 
>>クリスチャンバウアー・オフィシャルサイト